ジョギング タイツ スパッツ

ジョギング用のタイツにはフォーム矯正、故障防止の機能が

 ジョギングを始めるにあたって、ウェアやシューズなどの専用品をまず用意しますね。これらのものは、ジョギングをする上で欠かせないものです。

 シューズは長距離を走る為に足に掛かってくる負担を軽減したり、怪我などをしにくいようなものを選びます。ウェアは、季節や気候に合わせた機能を持っているものを選びます。

 そして、ウェアの中には「タイツ」や「スパッツ」などもあります。
 ジョギング用のタイツやスパッツにも、フォーム矯正や怪我や故障の防止など、その目的に合った機能が備わっています。

機能別のタイツ・スパッツの選び方

 まず、『スムーズな腕振りや、呼吸などを楽にしたい』と思ったときは上半身ロングタイプのものが良いそうです。
 上半身に適度な反発力を加えてあげると腕振りが楽になるそうです。そして、肩甲骨をサポートすることで呼吸も楽になります。

 『フォームを正しくしたい』と言う場合には、上半身・下半身のハーフタイプを選びます。上半身の姿勢と下半身の骨盤が真っ直ぐにあれば、疲れてきてもフォームを崩さずに走ることが出来るそうです。

 『怪我や故障などを防ぎたい』と言う場合には、下半身のロングタイプがお薦めです。着地時に膝にかかる負担を軽減してくれるので、ジョギング中の怪我などの防止に役立ちます。

最後に、『筋力不足を補って長距離を走りたい』といった場合。上半身・下半身のロングタイプのものが良いそうです。ジョギングでは上半身と下半身のバランスが大切です。
下半身の大腿部をサポートすれば、着地時の衝撃や振動を軽減することができ、筋力を補うことが可能になります。

→人気のCW-XのAMAZONのストアはこちら