ジョギング 服装

冬場は保温性、夏場は吸汗と速乾

 ジョギングを始めたばかりの初心者には、どんな格好でジョギングをすれば良いのかは、頭を悩ませるところです。
 普通に、スニーカーにTシャツ、ジャージやハーフパンツなどで良いのか気になりますね。

 まず、覚えておいて欲しいのは、ジョギングは長距離を走るものです。
 なので、季節や気候で変わってくると思いますが、たくさんの汗もかきます、膝や足首などに走るときの衝撃が長時間伝わります。と言うことは、普段着のような格好ではダメだと言うことです。

 ジョギングをするにはウェアとシューズは絶対にジョギング専用のものを身に着けるようにした方が良いのです。
 ジョギングシューズについては、最初のページを見てください。

ジョギング専用のウェアは、夏場と冬場で使い分けて!

 ジョギング専用のウェアでが、まず、ウェアは、季節や気候によって様々に変化します。
 夏場なら吸汗性や速乾性に優れた素材のもの。冬場は保温や保湿機能が備わっているものが、寒さによる余計な体力消耗を軽減してくれます。
 春や秋などの場合は、半袖の上に長袖を着るなどの工夫をすると良いですね。走っていて暑ければ長袖を脱ぎ、腰に巻いておけば良いわけです。
 ブランドに関しては、どこがいいともいい切れません。自分の好きなブランドってものがあると思います。
 スポーツショップなんかで見るのもいいですが、ネットでも楽天などは、割と安い値段で買えます。送料も無料なので、見てみるといいかと思います。
→楽天のランニング専門店のショップはこちら

 そして、キャップ(帽子)も忘れてはいけません。頭を守る為には、夏でも冬でもキャップは外せないアイテムです。

 ここまで、季節や気候になどに合わせた服装を心がけるように紹介してきました。勿論素材は快適に走る為に大切なのですが、ウェアの色なども大切です。
 特に夜間の走行では、車のドライバーなどの目に付きやすいように白などの明るい色の服装をするように心がけましょう。