ジョギングシューズ 選び方

ジョギングシューズが必要な理由

 これからジョギングをはじめようとする人で、靴はスポーツシューズであれば何でもいいと思っている人もいるかもしれません。
 でも、ジョギングを始めようとするのなら、必ずジョギングシューズを選びましょう。走る人のために考えて作られているのがジョギングシューズです。それ以外の靴で長時間走ると、膝や腰に負担がかかり、体をこわしてしまう危険性もあります。
 ちゃんとしたジョギングシューズであれば、ランナーの足も守ってくれます。

初心者向けのジョギングシューズとは?

 ジョギングシューズには、次の3つのタイプがあります。
 1.トレーニングタイプ
 2.トレーニング&レースタイプ
 3.レースタイプ

 トレーニングタイプは、健康維持やダイエット目的でジョギングを始める人向けがこれです。特徴としては、着地の安全性を高めるために、クッション性が高く、足を守る構造になっていること。その分、硬めで重い靴ですが、それはサポート性を高めるための工夫です。
 トレーニング&レースタイプは、トレーニングのほか、マラソンなどのレースにも参加できるよう軽量性も加えたもの。クッション性を抑える分、ソールも薄く軽くなっているタイプ、中級車向けのジョギングシューズです。
 レースタイプは、上級者向けのレース向きのもの、最大限にスピードが出るよう、より軽く、反発性の強い素材になっています。スピードが出る分、走りなれていないと足や関節に負担がかかります。

 初心者向けのジョギングシューズは、当然、1のトレーニングタイプのシューズです。各ブランドによって、呼び方は変わりますが、クッション性が高く足を守る構造になっているものがビギナー向きです。硬めに思うかもしれませんが、走ってみると足の負担が違うのが分かります。

ブランド別、初心者向けのジョギングシューズ比較

 アシックス、アディダスなどのメーカーブランド別にトレーニングタイプのジョギングシューズを一覧にしました。どのブランドもトレーニングタイプは、初心者の人の足を考えている作りですが、微妙な違いはあります。

アシックス
アシックスのトレーニングタイプのジョギングシューズはファンランナーというライン。ニューヨーク、ライトレーサーなどのシューズです。
アディダス
アディダスのトレーニングタイプのジョギングシューズは、レスポンスまたはアディゼロです。レスポンスの方がよりクッション性が高いモデルなので、初心者向きです。
ミズノ
ミズノ(MIZUNO)のトレーニングタイプのジョギングシューズは、ウェーブライダー(WAVE RIDER)又はウェーブインスパイア(WAVE INSPIRE)です。